聴覚路の話

スポンサーリンク
中枢

聴覚路の話をしてくよー。

足りないところは今後増えていくと思う。

問題はこちら。


ここは理解するほうがいいね。

他のところでも活かせる。

聴覚路

聴覚路は

有毛細胞 → らせん神経節(蝸牛神経) → 蝸牛神経核 → 外側毛帯

→ 下丘 → 内側膝状体 → 聴覚野(側頭葉42野・22野)



絵が下手くそって?

しってる!!でもいいのよ。印象に残るようにしたほうがいいよ。

絵を書くときはその絵のなかで覚えてほしいところを主張させたほうがよいよ。

ここは覚えんといかんかな。

あとはこの聴覚路に+αの知識をいれると

あんな話もあったな〜って覚えれる。

蝸牛の働き

蝸牛に刺激が入るとコルチ器っていうセンサーに

蝸牛神経がおるからそいつが反応する。

蝸牛がグルグルになっとるのは、幅によって拾える音がちがうけんなんよ。

同じ幅では同じ音しかわからんなる。

ブロードマンのエリア

最終的には1次聴覚野である41野のへチュル横回に行く。

そのあと、2次聴覚野の42野や22野に連絡。

これらの2次聴覚野は上側頭回に位置して

22野がよく聞くウェルニッケ野やね。

そこはまた違う問題でも出てくるでしょー。

では。ここまで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました