視覚路の話

スポンサーリンク
中枢

聴覚路の話と同じ問題から視覚路の話もしてくよー。

問題はこちら。

今回は視覚路の話をしていきますー。

視覚路

視覚路は網膜に到達した光が

錐状体細胞・杆状体細胞でインパルスを生じさせて

視束(視神経) → 視交叉 → 視索  

→ 外側膝状体 → 視放線 → 17野(一次視覚野) 


に到達する。

こんな感じ。

視束と視索を間違えんようにね

見ている対象物はカメラのフィルムみたいに

レンズを介して上下・左右ひっくり返って映る。

ようは、見たものを反対に映る!

錐状体細胞・杆状体細胞

錐状体細胞と杆状体細胞ってあるよね。

錐状体細胞 → 色の感受と昼間視

杆状体細胞 → 明暗の興奮と暗所での視覚

っていわれてるけど最近は疑問視されてるらしい。

今のところ国家試験の問題は上の覚え方でいいと思う。

はっきりと答えが出ない限りは答えは変わらんやろ。

これの覚え方は下ネタやけど語呂で覚えた。

あんあん&感じる = 暗&杆状体

覚えれればいいの!

もうこれで忘れんね。

ブロードマンの地図

視覚路は17野の一次視覚路にいくんやけど、

17野に入った刺激だけでは

光が輝く、明るい線、色の感じ

がわかるだけ。それが何かは分からん。

その見えた物が何かを理解するのが

視覚連合野になる18野と19野。

18野と19野が損傷されても見えなくなることはないけど

ものに対する「記憶」はなくなる

これが失認やね。


今回はここまでー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました