味覚の話。

スポンサーリンク
中枢

今回は味覚の話。

関与する脳神経が少し複雑なのでしっかり覚えましょー。

問題はこちら。

味覚

味覚に関わる脳神経は

顔面神経(Ⅶ)と舌咽神経(Ⅸ)がある。

一応迷走神経も入っとるんやけど、国試では顔面と舌咽として

でるけん、そこは少しスルー。

で、舌に関わる神経は

  • 舌下神経
  • 舌咽神経
  • (迷走神経)
  • 顔面神経
  • 三叉神経


運動神経があるのは舌下神経だけ。

舌咽神経は温・痛・触ともに後ろ1/3を支配する。

ややこしいのが前2/3やね。

温・痛・触は三叉神経で、味覚は顔面神経


味覚の経路

顔面神経のみ軸索神経を介して孤束核へ。

他の舌咽神経、迷走神経は直接孤束核へ行く。

結局通るのが、孤束核ね!

孤束核

中枢性味覚路

視床

中心後回

となるよ。

味覚は孤束核を経由!

自分がやった覚え方が巫女。

よくわからんと思うけど、

アニメとか見てて神社といえば巫女やったのよ。

そして巫女といえば狐なんよ。

こんな感じね。


巫(味覚)女(孤束核)ね。

はい。これで覚えた!!


迷走神経は喉頭蓋の味覚を司っとる。

味覚に関する神経は両側性やけん

完全な無味覚症になることはないよ。


以上。お疲れさまでした。

ブログランキング参加中です!応援お願いします!
中枢
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひろをフォローする
スポンサーリンク
理学療法士 国家試験 ROOM

コメント

タイトルとURLをコピーしました