【投資用語】時価総額とはなんぞや?【バフェットコード】

スポンサーリンク
お金の勉強

こんばんは。ひろです。

この前の記事に書いた通り、投資のこと勉強します。

でね、投資情報サイトのバフェットコードさんを見たんです。

今回は僕の保有株であるAT&Tを見たんですがね

こんな感じ。

みなさんは


あ~なるほど。はいはい。


となるかもしれないですが、初心者からしたらわからんのです。

それを一つ一つわかる範囲で伝えようと思います!

今日は「時価総額」です!

時価総額とは?

この赤枠のところです。よく耳にはするけど結局なに?

時価総額とは

株価×発行済株式数

のこと。


うん・・・・で???


わからん単語がまたでてきた。

少しかみ砕きます。


まず時価とは「株価のその日の市場での価格。


そして総額は「その時価に発行済株式かけた数字の額


それらを合わせて時価総額と。式を言葉にするとこうなるそうです。

ちなみに発行済株式とはそのままの意味で、会社が発行している株の数です。


発行部数が多いと流通している株の数が多くなるから、大きく株価が動きには多くの売買が必要!
逆に発行部数が少ないと少ない売買でも大きく値動きします。


例えば、時価(その時の株価)だけで、企業をみてしまうと

株価が高ければ高いほどよいとなってしまう。

でもそこに、発行済み株式数が関わると


1株10円の株を1000株発行している会社


1株100円の株を10株発行している会社


比べると1株10円の会社のほうが規模が大きくなるんです!

なので時価(株価)だけ表して規模を判断しないようにしてるんですね!

時価総額で何をみるの?

じゃあ結局時価総額でなにを判断するんや・・・

それは


「その企業の価値」


になります。

時価総額が大きいほど会社全体の価値が高く

企業規模が大きいと判断されます。


使い方としては

  1. 業界同士での比較
  2. 国際間での企業規模の比較

ができます。

例えば


トヨタ   時価総額   22,544,050(百万円)

ホンダ   時価総額   4,639,974 (百万円)


同じ業界で比べると

ダントツでトヨタの規模のが大きいのが分かります。

これは外国の株でも同じように比較ができます。

ほかにも

時価総額が大きな会社は信用性が高く、投資を行う人も多いから取引量が多く資金が入りやすい。

反対に時価総額が小さい企業は株の取引量が少なく、投資家からの資金が入りにくいという特徴があります。


ただし、


時価総額が小さくても世間から注目されるようなサービスや商品がでると

株価が一気にあがることもあります!!

なのでその会社の将来性とかも見ないといけないんですね~。

まとめ

今回は時価総額について書きました!

今まではあまり見たことなかったですが

これからは確認しようと思います。

この勉強シリーズは結局は自分の勉強を発信しているだけなので、

間違いがあれば教えてほしいです!

大まかな内容は理解したとは思うのですが・・・

またご意見、アドバイスをお願いします。

次回はPERについてです。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました