国家試験合格に必要な3つのこと

スポンサーリンク
国家試験対策


大きくわけて大事なことは3つ。

それを一個ずつ説明していくよー。

暗記と理解を分ける。

理学療法士の国家試験は浅く広く。

それがけっこう広いんだわ。

だから全部を完璧に覚えようとするのは難しい。

一回見たら覚える!みたいな天才以外には。


やから暗記で覚えるところは暗記や語呂を作って覚える


でも、理解すると他にも応用ができやすいところ

理解して覚える。


もちろん理解して覚えたほうがいいんやけど

それには限界があると思うしね。

図を用いて覚え、他者に説明する。

図を用いるって聞くと

どっかのサイトを印刷するとかコピペするとか

を考えると思うけどそうじゃない。


自分で図を書くのが大事

図を書くと視覚でもイメージしやすくなるけん

頭に入ってきやすい。


あと、可能ならば他者に説明する。

理想は何人かでグループを作ってそれぞれやってくる範囲を決める。

んで、それを図を用いながら説明する。


他の人に説明するには理解しとかんといかんし、

説明することで記憶の保持期間がだいぶ違う。

1つ1つの設問を理解する。

国試の過去問するやんね?

それをぱーと見ながら「違う。」「あってる。」

ってあると、答えを暗記しとるだけ。


そうやなくて、きちんと

「なんで違うのか。」

「なんで合ってるのか。」


を、できんといかん。

それができて初めて理解。

国家試験がうまくいかんかった友人は

これができてなかった。

まとめ

当たり前のことやーん。

っておもうことが多かったかもしれんけど、

この3つを実行できるかできんかで

だいぶ差はつくよ。

バカにせずにやってみてほしい。

頑張れ!受験生!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました