ギラン・バレー症候群の話②

中枢

ギラン・バレー症候群について2回目ー。

前回はこちら→「ギラン・バレー症候群の話①

今回はギラン・バレー症候群の予後とか検査、治療について書いてくよ。

一応もう一回過去問でよくでたこと載せとく。

ギラン・バレー症候群の検査

ギラン・バレー症候群の検査としては

血液検査・髄液検査・末梢神経伝導検査がある。

国試に関係する検査としては髄液検査。

髄液検査の結果でギラン・バレー症候群の特徴的な結果があるんよ。

それが蛋白細胞の増加

蛋白が増える理由としてはくも膜下腔にある髄液・血漿関門での蛋白透過性が亢進するからなんやて。

ものすごく簡単に言うと、いっつも蛋白を止めとるやつが、なんでかしれんけど開放しとる状態。

国試では「細胞数が増加する。」って引っ掛けてくるけど、細胞数は増えん。

増えるのは蛋白!覚えといてね。

一応診断基準ものせとくね。

用いられるのはAsburyとCornblathによる診断基準。

診断に必要な所見が

  1. 二肢以上の進行性の筋力低下
  2. 腱反射消失


診断を支持する所見が
a.臨床的特徴

  1. 発症4週間以内に症状がピークに達する。
  2. 症状が比較的左右対称である。
  3. 軽度の感覚障害を認める。
  4. 脳神経麻痺(顔面麻痺・外眼筋麻痺・球麻痺)を認める。
  5. 症状の進行が停止して2〜4週間後に症状が改善しはじめる。
  6. 自律神経障害(頻脈・不整脈・高血圧・起立性低血圧など)を認める。
  7. 神経症状の発症時に発熱を認めない。


b.髄液所見

  1. 髄液蛋白:発症から1週以降で増加。
  2. 細胞数:10/m㎥以下。


c.電気生理学的所見

  1. 末梢神経伝導検査の異常。

予後

予後は前回でも載せたんやけど補足。

ギラン・バレー症候群には大まかに2つの型がある。

脱髄型と軸索型。

あと亜型としてFisher症候群もある。

  • 脱髄型:少し回復遅いけど比較的良好
  • 軸索型:脱髄型に比べて不良

とりあえずこれだけ覚えとけばOK。

だいたい聞かれるのはこれくらい。


補足でFisher症候群を書くよ。

Fisherは特徴的な三徴候があって、それが

外眼筋麻痺・運動失調・腱反射消失

予後は良好。一応覚えとくといいかも。

治療

次は治療。なにげによく出とる。

過去問としては、

Q.ギラン・バレー症候群の回復期の運動療法として適切でないのはどれか?

  1. 漸増抵抗運動
  2. マット上での四つ這う移動
  3. バルーンを用いた材での体幹筋強化
  4. 歩行練習
  5. 体操による筋のストレッチ


Q.50歳の男性。ギラン・バレー症候群発症後1週間経過。理学療法で適切でないものはどれか。

  1. 体位変換
  2. 呼吸訓練
  3. 代償動作の指導
  4. 関節可動域運動
  5. ベッド上での良肢位保持


だいたいこんな感じの問題がでる。

大事なのが時期と必要なこと

よく出るのが代償動作なんやけど、

代償動作は症状が落ち着いてからするもの。やけん1週間ではせんわね。

4週間くらいは症状続くんやし、もうちょいあとから。

筋力増強運動とか漸増抵抗運動とかはもってのほか。

Overwork weaknessになっちゃうしだめ。


逆に、急性期に必要なのはこの3つ。

やけん、問題を解くポイントは

①漸増抵抗運動とか筋力増強訓練は行わない。

②代償動作は時期を考える。

やね。負荷量には注意。


以上。また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました