【資産運用】米国株投資について少し語ります

スポンサーリンク
お金の勉強

日本とアメリカの違い

こんばんは。ひろです。

前回は米国株を見つけたよ!というところまで話しました。

今日は米国株についてをわかる範囲で伝えます。

さてみなさん。貯金してますか?

僕は割と貯金が好きで毎月必ず通帳は記帳しています。

日本人は貯めることが美徳と考えてて貯金が好きない人が多いようです。

資産における貯蓄の割合は、日本人は50%以上だそうです。

多いと思いました?

ちなみにアメリカ人は15%だそうで。

全然違いますよね?

反対に株や投資信託の割合は、日本が15%に対してアメリカは50%となってます。

真逆です。

日本にとっての貯金が、アメリカでいう投資にあたるわけです。

こんなことを言われたことはないですか?

お金は貯めなさい。株なんてお金持ちがすること。投資はギャンブルと一緒。

僕はあります。

今でも株してるよ~って言うと止めてくる人もいます。

そうゆう文化なんです。日本は。

じゃあアメリカはなぜ違うのでしょうか。

株式資本主義

さて難しい言葉がでてきましたが

アメリカは株式資本主義が浸透しているんです。

株式資本主義とは

株価(株式・株主)利益の追求を最優先とする考え方で

いかに利益を上げて株価を上昇させるかを企業は考えます。

先ほどもいったように、アメリカでは投資に50%も費やしてるんです。

株価が上がってもらわないと困りますよね?

だってアメリカ人の金融資産全体の減少になるんですから・・・

なのでアメリカでは経営者よりも株主が重んじられてて

株主のためにも株価をあげるのです。

こうゆう社会背景もあり、アメリカは日本よりも投資が

普通の環境であり、お金に対する考え方が違います。

人口の変動

みなさん知っているでしょう。

日本はどんどん人口が減っていってます。

現在は1億2650万人いるそうですが、2048年には1憶人を下回るようです。

国の発展は人口の増減に影響します。

そりゃあ人が集まるところは栄えますもんね。

これが日本とアメリカの人口推移です。

出典先:世界経済のネタ帳


どうでしょう。

アメリカはいまでも人口が増加していってるんです。

今中国といろいろとありますが、現在の中心はアメリカです。

人が集まるということは、経済も回ります。

そうなると

あまり発展が期待できない日本株よりも、今後も成長が見込める米国株に

投資したほうがよいのでは・・・?

と、考えてくるわけで。

そこから僕は米国株投資を始めました。

もちろんメリットだけではないんですけどね。

僕は影響されやすいので、あんまり考えずに初めてしまったパターンです。

参考になるかはわかりませんが、駆け出しの人はこんな風にかんがえてるのかー

とでも思ってもらえたら。


あんまり固いことばかりもあれなので、次回は現在の状況などでも。

ではまた次回に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました